ホーム片付け ≫ 昨日のお片付けで出てきた、お気に入り”竹虎”の製品の紹介

昨日のお片付けで出てきた、お気に入り”竹虎”の製品の紹介

昨日の寝室の片付けの写真にある竹虎の製品のうちの一つである竹かご。これ、とてもお気に入りなんです。値段は高いけれど、丈夫で、部屋に置くとプラスチックのかごとは違い、高級感が出ます。

片付ける前はモノの山に埋もれていましたが、片付けた後は存在感が出ました。

<竹虎の竹かご>
0516お気に入りかご
☆続きを読む前にポチッと押していただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村

竹虎の商品とは?


竹虎さんの会社は、創業明治27年と老舗の会社です。この会社の商品の特徴は、竹にあるのです。

国内はもとより、海外からも注目されている国内唯一の虎斑竹(とらふだけ)で、竹製品、竹細工を製造されています。

虎斑竹は表面に虎皮状の模様が入っていることからこう呼ばれていて、海外の方からは、「ミラクルバンブー」と呼ばれているそうです。

わずか1.5キロの間口の狭い谷間でしか成育しない虎斑竹は筍で生えてから伐採にいたるまで、一切の薬剤、化学肥料等を使用していない無農薬の竹材なんです。

私が持っているお気に入りの竹かご


<持ち手付き竹かご>
0516お気に入りかご使用例

部屋に置いた状態は過去記事にあります。

寝室が汚部屋になっていたので、掃除・片づけをしました。

持ち手付きの方は、片手でひょいと持ち運びができるのが良いです。元々このかごは買い物かごとして販売されていました。でも私は自宅用にしています。

<手に持った感じ>
0516お気に入りかご手に持ってみた

<持ち手なし竹かご>
0516竹かご持ち手なし

竹かごを部屋に置いて、洗濯するまでもない脱いだ服をとりあえず入れておくのに重宝しています。脱ぎ散らかし防止にもなりますよ。

これらの竹かごは1万円以上しました。高いですが、購入して8年くらい経っている今も、現役です。丈夫で色合いも良い感じです。

他にもあります。これは台所で使用している竹ざるです。

0516竹ざる

裏返したのがこちら

0516竹ざる裏

ミカンや、お菓子を入れてテーブルに置くときに使用しています。これは6年くらい使用していますが、ほつれもなくいい感じです。

今も同じデザインのかごが売られているのかなと調べてみましたが、ありませんでした。ですが、作成されている商品が増えていてどれも魅力的です。

キッチンツールのせいろやはし、収納に良さげなかごなど、少しずつ取り入れていこうかなと改めて思いました。もし興味があれば、”竹虎 かご”で検索してみてください。

この竹かごメーカーの製品は財布との相談になりますが、おススメですよ。

スポンサードリンク


関連記事

コメント

コメントありがとうございます。

ランチボックスを使われているんですね。実は私も気になっているのです。
おにぎりや、サンドイッチを入れるのに良さそう♪

simplelifetantan | 2017.05.17 13:16 | URL


我が家は竹虎さんのランチボックス使ってます♪
竹製品素敵ですよね♪

通りすがりの者 | 2017.05.16 12:06 | URL












管理者にだけ表示